初頓服で、いざプラネタリウム(パニック克服1)




付き合い初めの頃からプラネタリウムへ行く計画をしていました。

でも、彼女はパニック障害でした。

「電車」、「飛行機」、「映画館」、「カラオケ」とありとあらゆる乗り物、施設がダメだったのです。

しかし、彼女がついに勇気を出して行く時がやってきました。

ドキドキ、そわそわと思いきや、全然緊張している様子はなく僕にはいつも通りに見えました。

彼女は苦手な場所に行く時、気を紛らわ為に、頭の中で「大丈夫、大丈夫」と唱えたり、携帯をひたすらいじってごまかしたりします。

きっと、乗り切れるように見えないところで頑張っていたんだと思います。

入場10分前に頓服を飲んで、いざ出陣。

久々のプラネタリウム・・

密閉された暗闇の空間・・・

横目でチラっと見ると、彼女はしっかり星を眺めていました。

プラネタリウムは約6年ぶりだったみたいで、一緒に見れて良かったです。

疲れもあったと思いますが、頓服の影響なのか、彼女は帰りの車の中で爆睡していました。

後々、調べてみると頓服は、眠くなる人は眠くなるみたいですね。

ちなみにこの日が、彼女にとって初頓服だったみたいです。

飲むのが癖になるのが嫌だったみたいで、今まで飲んでいなかったようです。

最後に、プラネタリウムは僕が求めている星達ではありませんでした(笑)

残念な感じだったけど、彼女とはどんな内容でも、どこに出掛けてもなんか楽しいです。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク