知的障害がある子に付き合ってもないのに復縁を求められた




ある日、知的障害のあるRさんからLINEがきた。

障害者就労支援アカデミー(学校)に通う彼女の1番仲が良い友達は、知的障害者のRさん。 なんと、そのお友達は彼女に「大嫌い」と言った子だ...

知的障害のRさんは、↑数ヶ月前に障害者就労支援アカデミーで友達になった子です。

Rさん「るりさんもう1回やり直せないかな?」

るり「どうしたの?」

Rさん「もう1回付き合えないかな?」

るり「〇〇〇君は?」

Rさん「もう別れてしまったんだ」

るり「いつの間に?」

Rさん「連絡したくて」

るり「Rさんと私はずっと仲良しだよ。」

Rさん「やりなおせるよ」

るり「私8月からクラス変わるよ?」
(話題を変えてみた)

Rさん「もう1回付き合えないかな?」

るり「一緒に帰ったり、隣に座るって事?」

Rさん「ちがうよ。もう1回付き合えないかなって事だよ。」

るり「前みたいに戻るって事?〇〇〇君が現れる前みたいに戻るって事?」

Rさん「そうだよ。そうじゃないよ。」

るり「あれ?ちがうの?」

Rさん「一緒に帰るって事だよ。」

そして彼女はイケメン大学生を探すと言い出し、一緒に探そうとなり、仲良しこよしするという話になった。

それから今まで止まっていた彼女からの、お昼や夕飯の報告、今日は来るの?などのLINEがまたはじまった。

私の付き合う、やり直すとは全く異なる概念で、言葉の意味や使い方、感覚など全然違いすぎて戸惑ったが、そういう子だった事を思い出しました。

学校に電話する用もあったので、先生にも話したら、〇〇〇君と何かあったらしく、私の対応を伝えたらそれでいいとの事であった。

Rさんのような人が大人になったらどうなるのだろう。

男性は絶対鵜呑みにするに決まっている。

実際彼女は前の彼氏?から無理やりセック〇された話も聞いている。

私は、その話を聞いた時、胸がとても傷み、相手に対して怒りなどが湧いてきた。

相手は同じ学校の人だった。

いつか、誰かがその意味を教えてあげられるのだろうか?

そのおそろしさ、重さを。

男性の恐さをいつか理解できるのだろうか?

愛とか、性とか、欲とか。。

私が彼女に教えられればいいが、それはどう伝えたらいいのかわからない。

そういうピュアな部分を傷つける人間や、つけ込む人間が、もしRさんの前に現われたとしたら。。。

私は心配でたまらない。

悲しくて、悔しくて、辛くてたまらない。

絶対許さない。

そしてRさんにも分かってほしい。

気付いてほしい。

学んでほしい。

自分をちゃんと守ってほしい。

大切にしてほしい。

傷つく前に、何かの犠牲になる前に。。

私みたくなる前に。。。

私は、今回のRさんとのやり取りの上で、心から、心の底からそう思った。

そして、私に何ができるか、何か伝えられるか、分かってもらえる方法を探してみようと思った。

僕はるりからこの話を聞いた時、すごい嬉しかった。

るりがRさんに対してそういう気持ちになってくれた事が。

自分の事で精一杯なのにも関わらず。。

世の中にはこういう障害がある子がたくさんいる。

どうやってこういう問題を解決すればよいのだろうと僕は時々考える。

やっぱりそういう施設の数、障害に携わる関係者の人手があればこういうのは緩和できるのかな?

もし僕に財力があれば、こういうところに寄付したい。
(少額ですが、毎年募金だけはしています。)

24時間テレビはお涙頂戴とか、障害者を見せ物にしてるとか、お金の使われ方がよくないとか、色々な悪い意見を耳にしますが、僕はそういう目で見ていません。

そうやって否定する意見が多くあるけど、「じゃぁ、あなたは障害者に何ができる?」って言いたい。

1年の間に障害者に大きくスポットが当たって、注目されるのはなんだかんだ24時間テレビだからである。

やっぱり苦しんでいる子がたくさんいるって事は世間に知ってほしい。

じゃなきゃ、障害者について考えるなんて身内が障害者にならない限り世間は一生死ぬまでしてくれないから。

健常である事を当たり前だと思ってほしくない。

きっと障害者が身近にいないから、自分とはずっと無縁なものだと思っているんだと思う。

誰だって事故かなにかで明日障害者になる可能性は常にあるんです。身内の方が明日障害者になる可能性は常にあるんです。人間は愚かな事に障害者になってはじめて障害者側の立場になれるんですよね。。。

平和に生きてる人はそういう事を考えられないのはよく分かります。

そしたらせめて、障害者を見下すような事はしないでほしい。

煙たがらないでほしい。

騙さないでほしい。

できる事なら困っている姿を目撃したら手を差し伸べてほしいです。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク