知的障害を持つ子と友達になった彼女




障害者就労支援アカデミー(学校)に通う彼女の1番仲が良い友達は、知的障害者のRさん。

なんと、そのお友達は彼女に「大嫌い」と言った子だった。

障害者就労支援セミナーの体験入学1日目にあった出来事です。 彼女はまだ学校に慣れず緊張していた。 右も左も分からない状態...

毎日、彼女からRさんとのやり取りを僕に話してくれます。

話を聞いてるとなんだかホッコリした気持ちになります。

【Rさんの特徴】

とても優しい子

寂しがり屋さん

女子な所がかわいい

T君という謎の彼氏が県外にいる

コジコジを誉めてくれる

毎日LINEがくる

毎日一緒に途中まで帰る

ミサンガ上げたら速攻失くされたけど、失くした事をものすごく悲しんでくれた。

自分の事を俺という

ハンサムとかイケメンと言うと喜ぶ

ずっと友達でいてくれる?俺の事好き?とか突然LINEで聞いてくる

私の席を空けて私を待ってくれている

車が好き

話がたまに噛み合わない

国語が苦手

いきなり見えない敵と戦う

学校を私が休むと寂しがってくれる

私のリストカットを心配してお手紙をもらった

結構ヤキモチを焼く

裏表がない素直な子

毎日、明日も一緒に帰ろうとLINEを送ってくる

お昼ご飯をいつも一緒に食べる

友達が多い

いつもどかしらいたい所がある

よく親と喧嘩してる

どこに住んでいるのかよくわからない

僕ははじめ、知的障害と聞いて驚いた。

でもよくよく考えてみると、障害者就労支援アカデミーという学校に通っているのだから色々な障害を抱えている人がいて当然なのだ。

そんな知的障害を抱えていて、「大嫌い」とも言われたRさんと仲良くしてる彼女を見て優しいなと思った。なんだか僕は嬉しい気持ちになっていました。

そういう彼女は学校で人気者のようだ。

彼女は職場で一緒の頃から気さくで、話しやすい子でしたが、障害を抱えている子からも話しかけやすいようです。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク