彼女が嫌いな時間帯




彼女は夕暮れ時から寝るまでの時間が嫌いだ。

それはうつ病になってからはじまった。

家で一人でポツンと過ごす時に強く感じる。

だから誰かに側にいてほしい

誰かと繋がっていたい

今日も1日何もしなかった

無駄に今日が終わってしまう

1日が終わる寂しさ

罪悪感

孤独感が強まる

夜が迫ってくるのも嫌だった

夜に嫌悪感

虚しさ

虚無感

何も変わらない

変えられない

自分は空っぽだな

空っぽな1日だったな

そわそわする

落ち着かない

寝て紛らわす時もある

一番リストカットがしたくなる時間

心がザワつく

眠気が襲ってくる時間帯でもある

寝ちゃダメだ

眠気との闘い

今寝たら夜眠れなくなる

冬は苦手

冬の朝は暗い

早く明るくなれと思う

この症状は、特に断薬後、減薬後、薬が合っていない時、メンタルが不安定な時によくありました。

その時間帯は、地雷を踏まないように注意していたのを思い出しました。

地雷を踏めば喧嘩もしくは、リストカット。

でも、そんな時間帯が嫌いな彼女は夕焼けが大好きなのであった。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク