睡眠障害は、克服したとしても環境変化で常に再発するもの




精神病の人は、睡眠障害に悩まされている人が多いと思います。

彼女もその一人でしたが、薬が合ってから、睡眠の質だけは改善されている傾向にあった。

彼女は、うつ病と診断される少し前からずっと眠れない事に悩んでいました。 中途覚醒は当たり前で、2~3時間で必ず覚醒する毎日。 2度寝、3...

しかし、環境変化、ストレスに弱い彼女は、睡眠障害が完全に克服される事はないのかもしれない。

今回眠れなくなった原因は、もしかしたら生理も関係あるかもしれないけど、弟の彼女と友達の出入りが連日続いた事。

数日なら問題ないけど、さすがに毎日来るから疲れてしまったようです。

どんなに合ってる眠剤でも、どんなに強い眠剤でも、ダメな時はやっぱりダメみたいです・・・。

最近は、23時頃に寝て4時くらいに覚醒するような感じです。夢もよく見るようになって眠りもなんか浅いみたいです。

眠れている時は、23時頃に寝たら夢も見ず、ほぼ6時~7時まで覚醒しなかったんですよね。

睡眠障害克服前は、2時間おきに起きたりしていたので、これでもまだマシな方かな。

来週から、家の出入りも少し落ち着くと思うので、眠れるといいな。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク