障害者の就職先は倍率が高いが、障害者就労支援アカデミー通えば就職先が見つかりやすくなる?




以前、障害者雇用枠の厳しい現状をブログに書きました(下記リンク)が、その補足情報です。

私は今年、精神障害者となりました。 ハローワークや障害者就労支援アカデミーに通って、障害者枠の実状が分かってきました。 障害枠は...

障害者就労支援アカデミー(学校)に通いながらの就職活動は、どこにも属さず個人で就職先を探している方より就職先が見つかりやすいようです。

学校に通っているだけで、お墨付きじゃないですが、優遇されるみたいですね。

彼女は、学校をやめるかどうか真剣に悩んでいる時、ハローワークの事務員の方にそう言われたようです。

とは言いつつも、彼女は学校をやめる選択をすると思いますが・・・

前にも書いたかもしれませんが、僕は学校を辞めてもいいと思っています。

もし障害者雇用枠で探すとなると、きっと学校に通っていない状態だと見つけるのは難しいかもしれませんが、彼女は社会経験が豊富でスキルが高いので、障害者雇用枠でなければ、僕的にはやろうと思えばいくらでも仕事はあると思うんですよね。

それに行きたくないものに無理に通うのも病気にはよくないと思いますし、やりたい事があると言うならなおさらです。

ただ話を聞く限り、障害者雇用枠で就職先を探す場合は、やはり学校に通いながら探すのが賢明だと思います。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク