障害者団体で歩いてると前職場の部下に見下すような目で見られた【障害者就労支援体験入学6日目】




朝、起きてシャワーを浴び、メイクをするルーティーンができてきた。前日早く寝る事が大切で眠剤は大体10時間効く。昔の仕事のルーティーンを体が思い出してきたような不思議な感覚だった。

母が休みだったので、就労支援アカデミー(学校)まで送ってもらった。今日は危うく薬を飲み忘れそうになった。

朝礼から参加して、今日はとなりにいつも仲良くしてくれる子が座った。嫌じゃなかった。

体育は、バドミントンだった。

体育館まで向かう途中、前職場の前を学校のみんなで通る事となった。ちょうど元部下が表に出ていて、私達を見る目、眼差しがとても冷たかった。自分より下、さげすむような、見下すような目だった。(その中に元店長がいるという事も知らずに・・・)

言葉にならない気持ちになった。

あの場で声を掛けていたらどうなっていたのだろう?彼女はどんな態度を取ったのだろう?

私はすごく悲しい気持ちになってしまった。

気を取り直して体育館についてバドミントンをしましたが、20分で限界でした。

それから義父の扶養の関係で本入学にお金がかかるという事が分かって、戸惑っている事を職員さんに伝えた。市役所に行って色々と相談した上で改めて入学するかどうか決めようと思った。

学校は私にとって必要な場所だという事は分かっている。お金が掛かる事によってプレッシャーや行かないといけない、行けなかった時の罪悪感、そういうものが私自身の不安な部分だった。

この日のビジネスマネーチェック表は全て埋まっていた。
食事は3食取っているかの欄以外は全てマルでした。
学校の費用の件は、こちらのページに後日掲載しようと思います。
最後に、前職場の部下に見下すような目で見られた件ですが、僕は彼女に確認しました。「たまたまそう見えただけなんじゃないの?気のせいなんじゃないの?」と。詳しく聞いて見ると、本当に忘れらないほどひどい表情をしていたようです。
彼女に向けられた目じゃなかったとしても、見下すように見ていたのなら悲しいですよね。何か危害を与えてしまったのなら話は別ですが、障害者を馬鹿にしたり見下すような人は嫌いです。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク