カウンセリングの先生との距離を縮める(カウンセリング12)




これで12回目のカウンセリングとなります。

彼女:「丸椅子に座っていいですか?」

先生:「なぜですか?」

彼女:「その方が、先生との距離が縮まる事によって、先生のお言葉や私の気持ちや話が伝わりやすい気がするので。近い方が安心するので。」

先生:「ではどうぞ。」

先生:「るりさんは人との距離感をとるのが難しいように感じます。」

彼女:「そうなんです。なので彼からも束縛されるんです。店員や男友達などにも余計な話をしたり距離が近すぎると怒られます。その束縛が時々爆発して喧嘩になって別れ話になった事もたくさんあります。」

先生:「束縛されないようにするにはどうしたらよいと思いますか?」

彼女:「別れるしかないと思います。別れ話になっても結局彼の優しさや、理解、一人になる事への恐さでなあなあになってしまいます」

先生:「るりさんは、やはり考えが極端な気がします。」

彼女:「でも、今までの経験上、束縛は愛ではないと思います。」

先生:「それはとても健康な考え方です。今までの苦労してきた中での大きな学びですね。」

12回目のカウンセリングの内容は自分の事でした。

自分を擁護するつもりはありません。

でも、彼女と付き合ったら大体の人はみんな束縛すると思うけどな。

最近、セフレがいる美容室に彼女は黒染めしに行ったんですが、なんかその日から少しギクシャクしちゃってる気がするな。

今は普通だと思うけど、普通ってなんだっけな。

なんか自分でもよく分からなくなってきました。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク