無意識の自傷行為




人は、無意識に何かしらの自傷行為をしている。

自傷行為と言うと、リストカットやアームカットなど連想されるかもしれませんが、種類は様々で、殴る、つねる、食いしばる、爪を噛む、過食、拒食、ピアスなど。

僕は、手の指を噛む癖と、歯を食いしばる癖があります。

彼女の場合は、日常的に手の親指を痛めつけていて、親指はボロボロです。

これは、癖のように見えますが、ストレスからきてるのかな。

調べてみると、自傷行為を止める事でストレスの捌け口が無くなってしまって、余計にストレスが溜まる恐れがあるから、病院に通うほどの傷でなければ無理にやめる必要はないとの事。

彼女は、マニキュアを除光液でおとさず爪でガリガリやって落とす癖もあります。

無意識の世界なので、自傷行為なのか、癖なのかは本当に紙一重だと思います。

でも、彼女は耳、手首と自傷行為の範囲を広げています。

彼女は、嫌な事があったり堕ちたりすると自傷行為をする癖があります。 付き合って早い段階でそういう癖がある事を感じました。 彼女も...

この耳と手首への自傷行為は、ストレスが原因で、怒り、悲しみ、嫉妬、寂しさといった感情を紛らわす為にやったようです。

今僕は、傷がこれ以上増えないように、彼女にストレスを与えたないように、変な事をしないように注意深く見守っています。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク