サインバルタとコンサータ増量し、眠剤減薬しました【2019年7月処方箋】




毎月更新していた私の薬内容ですが、久々の更新です。

大幅に薬が変わったのでお知らせいたします。

処方された薬

ブロナンセリン錠2mg(ロナセン錠2mg)

用法:朝食後1錠、夕食後1錠

・気持ちをおだやかにする薬です。

・不安、緊張などの症状をしずめ、精神の不安定な状態を抑えるとともに、無気力・無関心にみえるような状態も改善する薬です。

・まれに、立ちくらみや便秘、静座不能(足がムズムズしてじっと座っていられない状態)がおきることがあります。急に強い空腹感を感じる、冷や汗が出る、多量に水を飲む、筋肉のこわばりや発熱など変わったことがあればすみやかに医師に伝えてください。

・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。グレープフルーツジュースの摂取には注意してください。

・この薬は後発医薬品です。

リボトリール錠1mg

用法:朝食後1錠、昼食後1錠、夕食後1錠

・脳に作用してけいれんを抑える薬です。

・脳神経の過剰な興奮による種々のけいれん発作を改善したり、脳の不調によるめまいや動悸・痛みなどさまざまな症状の治療に用いられることがあります。

・眠気、ふらつき、運転反射機能の低下、唾液増加がおこることがあります。

・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

・この薬は特許期間中等のため、後発医薬品がありません。

サインバルタカプセル30mg

用法:夕食後2カプセル
・不安な気持ちやゆううつな気持ちを改善し意欲を高める作用と、糖尿病や繊維筋痛症、慢性腰痛症、変形性関節症に伴う痛みを和らげる作用があるお薬です。

・口の渇き、吐き気、眠気、便秘、尿が出にくいなどの症状が起こることがあります。

・手足が震える、体がこわばる、脈が速くなる、まぶたが腫れる、白目や皮膚が黄色くなるなど、変わったことがあれば医師に知らせてください。

・眠気やめまいを感じる場合は、車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールや、セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品の摂取には注意してください。

・この薬は特許期間中等のため、後発医薬品がありません。

デパケンR200mg

用法:朝食後1錠、夕食後1錠

・けいれんや片頭痛を抑えたり、気持ちを穏やかにする薬です。

・脳の中枢に作用して神経の興奮を抑制する作用により、けいれん発作や精神神経症状、気分の高ぶり、片頭痛発作などを抑えます。

・まれに吐き気、胃部不快感、眠気など起こることがあります。咳が続く、息切れ、発熱するなど変わったことがあればすみやかに医師に伝えてください。

・妊娠の可能性のある方は薬剤師にお知らせください。車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。

・この薬に後発医薬品はありますが、流通等の状況により当薬局では取り扱っておりません。

コンサータ錠36mg+18mg

用法:朝食後36mg-1錠、18mg-2錠

・集中力を高め、行動をコントロールしやすくする薬です。

・神経機能を活性化し、注意力を高めたり、衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善します。

・食欲不振、体重減少や頭痛など起こることがあります。

・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

・この薬は特許期間中等のため、後発医薬品がありません。

レボトミン5mg

用法:夕食後1錠

・気持ちをおだやかにする薬です。

・精神的興奮をしずめ、不安、緊張、睡眠障害を改善します。

・手のふるえ、口渇、鼻閉、便秘などがまれにおこることがあります。

・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

・この薬は特許期間中のため、後発医薬品がありません。

フルニトラゼパム錠2mg(サイレース錠2mg)

用法:就寝時2錠

・睡眠導入剤です。

・寝つきをよくし、睡眠を持続させる作業があります。この薬を他人にあげるようなことは絶対にしないでください。

・ふらつきがおこったり、お腹の調子が悪くなることがあります。途中目が覚めた時の出来事を覚えていないことがあるため、就寝直前に服用してください。

トリアゾラム錠0.25mg(ハルシオン0.25mg)

用法:就寝時2錠

・睡眠導入剤です。

・寝つきをよくし、目覚めの時のふらつきが少ない薬です。

・めまい、倦怠感、頭重などがおこることがあります。途中目が覚めた時の出来事を覚えていないことがあるため就寝直前に服用し、服用後は危険を伴うような行動は慎んでください。

・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

・この薬は後発医薬品です。

ジアパックス錠2mg

用法:イライラ時
・気持を落ちつかせる薬です。
・精神的緊張によっておこる不安、緊張をやわらげます。また、筋肉の緊張をやわらげることにより、脳脊髄疾患による痛みなどをやわらげる作用もあります。
・ときに眠気、ふらつきなどがおこることがあります。
・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

リスペリドン内容液1mg

用法:不安定時
・気持をおだやかにする薬です。
・不安、緊張などの症状をしずめ、精神の不安定な状態を抑えるとともに、無気力・無関心にみえるような状態も改善させる薬です。
・まれに、立ちくらみや便秘、静座不能(足がムズムズしてじっど座っていられない状態)が起きることがあります。急に強い空腹感を感じる、冷や汗が出る、多量に水を飲む、筋肉のこわばりや発熱など変わったことがあればすみやかに医師に伝えてください。
・車の運転や高所作業など危険を伴う作業は避けてください。アルコールの摂取には注意してください。

最近、彼女は寝過ぎてしまうという悩みがあった。

それから1日活発でいたい、鬱っぽい症状を感じたくない理由から薬が一部変更となりました。

サインバルタが1錠増え、コンサータが72mgになりました。

眠剤は、クアゼパムからハルシオンへ変更されました。

薬が変わった後の彼女の変化も次回書いてみようと思います。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク