足、手の痺れの原因は、薬の副作用?




ある日、彼女と遊びに出掛けた時、彼女が手すりを使って歩いていた。

後で、聞いてみると足に痺れのような症状を感じていて、手すりに掴まらないと、足に力が入らず倒れてしまいそうな感覚に襲われていたらしい。

足に痺れを感じるようになったのは、関係があるのか分からないが、サインバルタカプセル30mgを20mgに減薬、睡眠導入剤のクアゼパム錠15mgが追加されたタイミングだった。

しかし、よくよく調べてみると大体の薬の副作用に痺れの可能性が含まれているので、正直何が原因なのか分かりません。

最近、彼女は知り合いの薬剤師さんに痺れについて聞いてみた。

薬剤師:「まずどんな薬にも副作用があって、メンタル系の薬は特に人それぞれ副作用の症状が違う。色んな副作用があるので、心因性のもとも言い切れない。恐らく薬の副作用だと思われる。」との事。

薬剤師:「メンタル系の薬は強い薬なので、10人に1人くらいの確率で副作用が起きる。」

彼女はセカンドオピニオンについても聞いてみた。

薬剤師:「セカンドピニオンも大事だが、それによって薬がガラっと変わって壊れる可能性や、病気が悪化する可能性もある」との事。

もちろんその逆もあると思いますが、なかなか病院を変えるのも簡単な事じゃないなと感じました。

今現在は、手にも痺れを感じるようになっていて、具体的には、腕から指先にかけて痺れを感じているようです。

症状が悪化しているし、もしこのまま改善されないようならば、CT、MRIも検討しています。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク