妊娠できない体質の彼女。子供がほしかった【PTSD】




彼女が、結婚していた当時のお話です。

彼女は約10年ほど前に年上の男性と結婚した。

子作りは積極的にしていたが、子供がなかなかできなかった。

彼女は気になって、産婦人科に一人で行った。

不妊治療の検査を受けた。

後日、検査結果を聞くと、医師に「普通妊娠は難しい」と伝えられた。

旦那さんにその事実を伝えた。

「俺も強い薬を飲んでいたから、精子が減少しているのかも。」

お互いを慰め合っていた。

たしかに旦那さんは、強い薬を飲んでいたようですが、不妊治療の検査を受けたばかりの彼女は、自分に原因があるのは明白であると自分を責めた。

その日から、子供ができない事がコンプレックスとなっていった。

その後、離婚した。

元旦那との出会いは友人の紹介だった。彼女はベタ惚れで、今まで付き合った誰よりも好きだった。一生どんな形でもいいから繋がっていたいと思っていた...

離婚原因は、その件とは別でした。

しかし離婚後、彼女にさらに追い打ちをかける出来事が起こる。

元旦那は、離婚後すぐに結婚し、子供が産まれた。

たまたまFacebookで見つけてしまったらしい。

元旦那に未練はなかった。

再婚した事よりも、子供ができた事が彼女にとってショックだった。

やっぱり自分が原因だったのだと、また自分を責めた。

その事実にすごくショックを受けた。

それ以来、SNSで子供の写真を上げている人をみると自分のコンプレックスがうずくようになった。

その影響もあってか、ヤケになってセフレとはゴムなし三昧。

僕は、初めて彼女からこの話を聞かされた時、言葉が出てこなかった・・・。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク