ずっと泣きながら先生と会話【カウンセリング11】




11回目のカウンセリングのメインの話は弟と弟の彼女の話について。

今回のカウンセリングはずっと泣きながら話していたそうです。

彼女は、面倒見が良いのか、姉としての立場でそうしているのか、僕が見る限り弟によく干渉します。

弟の友達、彼女にも干渉します。

僕にも兄弟がいますが、ハッキリ言ってめんどくさいので、彼女ほど兄弟、兄弟の友達に干渉する事はなかったです。

それもあって、彼女は弟によく注意もするし、弟の彼女にも否があれば厳しく接します。

兄弟の距離感は、人それぞれだと思いますが、彼女と弟との距離感は僕から見たら近いと思う。

僕は兄弟とほぼLINEもしないし、SNSでも繋がっていないし、距離が近すぎるのかなとも思う。

距離が近くて干渉しすぎたのか、弟に「放っといてくれ」と言われる。

この言葉で彼女は既にブチ切れていれた。

弟はあまり家に帰らなくなるし、彼女も家に連れてこないとも言うが、それは数日だけの事だった。

さらに、体調悪いのに彼女を送り迎えして風邪が悪化し、弟ダウン。

もう彼女は理性を取り乱すくらいブチ切れていた。

きっとそれくらいで?と思われるかもしれないが、これも境界性パーソナリティ障害の特徴で、沸点が極端に低く、感情の制御不全なのである。

彼女は最近、境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)と診断されました。境界性パーソナリティ障害は、「BPD」、「ボーダー」とも呼ばれていま...

恐らく彼女が切れてる理由は、「放っといてくれ」と言って親に病院連れてってもらったり、親が弟に甘い姿を見て怒っているのだと思う。

しかし、逆に彼女は親に「弟の事は放っといてくれ」と言われてしまう。

彼女は、親と弟の距離感が分からなくなった。

どう接していけいばいいのか分からなくなくった。

彼女は不器用なんだと思う。

10か0しかないできない。

10にするとどうしても介入しちゃう

0にするしかないけど、0にすると何も喋らないくらい極端な思考になってる。

先生:「いるけど、いない。10は存在アピール。10だと努力をしすぎてしまう。私はここにいるんだよ。それをずっとしてきたんですね。0にはしたくないからずっと努力をしてきたけど、気持ちが入りすぎる。ほっとく度合いが分からない。」

自分の考え、病気が理解されない事に疲れて、まるでピエロのようにしか振舞えない。その日々に疲れた。

先生:「本当は自分を大切してほしい。大事に思ってほしい。理解してほしい。それを相手に表現できない。仮面をかぶってピエロで泣いてる。」

彼女:「ほっといてほしい気持ちが分からない。理解できない。私は幼少期の頃ずっと放っとかれたから。」

母親と僕が一対一で話をしている時の会話もでてきた。

彼女は、こっそり話を聞いていて、家族は彼女にに気を使っている。弱い子だとは思わなかった。リスカの意味が分からないなど。

自分の娘が苦しんでいるのに、他人事のように話しているように感じてる。

だったら私に何でそういう事をするのと聞いてほしい。

終着点が母親になった。

彼女は単純に、挨拶をしない、礼儀をしらない、生意気な弟の彼女が嫌いなだけだと思うんだけど、弟は自分の彼女だから大事にするし、彼女を助けようとする。

母親は、中立の立場というのもあって、弟にも弟の彼女にも優しく接する。

その姿から彼女の言葉は届いていないと錯覚する。理解されていない。私がおかしな事を言ってるとなって、怒りの矛先が弟の彼女から母親に切り替わったように感じた。

僕だったら弟の彼女には干渉しないので、こんな話はまず大ごとならない。だから彼女にも干渉するなと言った・・無駄なエネルギーを使うし、無駄に心が傷つくだけだから・・

でも本当はもったいないと思っている。

実は、彼女は弟の彼女と仲良くなろうと、彼女なりに努力をしていた。SNSで繋がったり、プレゼントを上げたり。途中、表向きだけ仲良くも見えたけど、無理しすぎてたのかな?弟の彼女が失言してあっさりその関係は崩壊してしまったのである。

彼女に、弟を起こすようにDMきたのは、非常識にも見えるけど、その話を聞いた時、詳しい内容は知らないけど僕は弟の彼女がるりと少しでも仲良くなろうとコミュニケーションを取ろうと頑張ってるように見えたんですよね。。

なんかその話を聞いた時は、残念でした。

最後に、先生に一人暮らしをしたいと彼女は相談をしました。

先生はあまり賛成していなかった。

先生:「病気的にどうなのか。。諸刃の剣で良い方向に転ぶか紙一重。物理的な孤独。もしかしたら病気を悪化する可能性もある。難しいと思う。」

僕も先生と同意見です・・・先生は子猫を飼う事にも難色を示していた。

この先生は質問も言葉数も少なめですが、その数少ない言葉は的を得ていて、理由がしっかりしている印象があります。

初めは、少し様子見てカウンセリングやめようとか話していたんですが、彼女も同じ風に思ってるからカウンセリングを受け続けているのだと思います。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク