気象病




気象病は、彼女から聞いて初めて知った言葉で、うつ病とも関わっているようです。

気象病とは?

気象病とは、気象の変化によって「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、吐き気など様々である。近年認知されつつある病名です。
メカニズムの詳細は不明であるが、気圧や気温、湿度などの急激な変化に人体が対応しきれないことが原因とみられる。

彼女の症状

彼女が、自分の体調が気象に影響されているという事に気付いたのは、今から約7年程前で、「台風の前に多いな」、「雨の日は頭痛だな」といった感じで気付いたようです。
ロキソニンは手放せなかったようで、症状は生理前のような感じに似ていた。
台風の前、気圧の変化、雨が降る前に頭痛が起きやすく、むくみ、だるさ、眠気も同時に起こる場合がある。
酷い時は、鬱が悪化して1日ダメな日となる。季節の変わり目も弱い。
今は、気圧が事前に見れるアプリなどもあり、彼女は重宝しています。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク