常に部屋が真っ暗の彼女。暗闇好きな彼女。




彼女は、暗闇が好きだった。

ふと、思い出しました。

彼女と出会った頃のお話です。

仕事をしている時、彼女の休日は暗闇の部屋で退屈座りをしてTVを見ているような話を噂で聞いた事があった。

まだ彼女の事を何も知らない時だ。

彼女と付き合ってみて、噂が確信に変わった。

まず、彼女の部屋の照明は小さな電球だった。

僕が遊びに行っても、彼女はその小さな照明すらつける事はなかった。

僕:「電気つけないの?」

彼女:「いつもつけてないよ。」

僕:「電気つけないのは、あまりよくない気がする。」

彼女:「間接照明はたまにつけてるよ。間接照明つける?」

詳しい会話の内容を忘れてしまいましたが、こんな会話をしたのを今でも覚えている。

うつ病の彼女が、暗闇で過す事はよくないと率直に思いました。

その間接照明も、クリスマスツリーを飾り付けする時に使うような間接照明だった・・・。

暗闇で暮らす彼女をみて、変わっている子だなと思った。

最近、彼女とこんな話をしていたら、彼女は「そうだったけ?」と少し驚いた様子だった。

僕も、そのリアクションを見て驚きましたが(笑)

僕と付き合って、しばらくは暗闇だったのに、その記憶があまり彼女にはなかった模様。

日中も夜もカーテンは全開のままで、部屋は暗闇のまま。

今では、カーテンを閉めるようになって、夜はちゃんと電気がついています。

いつの間にか、夜は必ず電気をつけるようになっている事に気づいたんですよね。

いつからつけるようになったのか?

気になりますが、思い出せません(笑)

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク