薬の副作用?会食恐怖症だからなのか彼女は全然食べない




彼女はうつ病になってから10kgほど痩せてしまい、今現在体重が40kgを切っています。

やっぱり、一緒にいてもあまり食べる様子はありません。

そんな彼女は会食恐怖症でもあります。

僕も会食恐怖症なので、会食恐怖症の人をなんとなく見抜けるんですが、久々に彼女と再会して数日で彼女が会食恐怖症である事に気付きました。

はじめて彼女と食事を取ったのは漫画喫茶で、余計な情報ですがここではじめて彼女とキスもしました(笑)

僕は、たらこスパゲッティを注文したのですが、彼女は何もいらないとのこと。

僕は同じ人と数回ほど食事をすれば、会食恐怖症の症状がでにくくなるのですが、初回はやっぱり緊張してなかなか食べられませんでした。

彼女は一口だけ僕のスパゲッティを食べました。

あぁ、やっぱり見た目通り彼女は食べない人なんだと思いましたね。

彼女は朝、昼食べて、夜ご飯は食べない生活をしています。

朝は少量で昼はたまにガッツリ食べますが、やっぱり食べない日が多い。

僕と付き合って、夜もたまに食べるようになりましたが、まだまだ10kg落ちた体重を戻すには、果てしなく遠い道のりな気がします。

それから彼女はよくパンを大量に買い込むのですが、なぜかダイエット向けの低カロリーのパンばかりを選ぶ始末。食べきれず家族に食べられる事もしばしばあります。

さらに空腹の状態で薬を飲む事が多く、胃炎持ちなのか彼女は胃薬も同時に飲んでいます。

※現在の夜の薬で、緑と白色のカプセルが胃炎薬です。ニザチジン75m、インバルタ20mg2錠、ストラテラ40mg、リボトリール1mg。

この空腹の状態で、寝る前に眠剤も飲んでいます・・彼女は睡眠障害もあり、ただでさえ覚醒しやすいのに空腹で寝たら覚醒確率は増すばかり。なんかいろいろとすごく悪循環なのである。

彼女への心配要素、不安要素はたくさんありますが、中でも僕は食事面をすごく心配していて、少量でもいいから、一口でもいいから、朝、昼、夜と規則正しい食事を取るように促しているんですが、なかなか言う事を聞きません。

彼女になぜ夜食べないのか聞いてみると、寝る前に胃に残留物があるのが嫌だとの事。この感覚は嘔吐恐怖症からきてるとの事です。夜食べないのがもうルーティーンとなってしまっているので、なかなか改善する事は難しいかもしれません。

食事の大事さは、うつ病関係の本にも多く取り上げられていて、正しい食生活を送る事によって必ず何かしらプラスに働くと僕は考えています。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク