人の流れや風が心地よく感じた朝【障害者就労支援体験入学7日目】




朝5:00に起き、朝食を少し食べれた。

シャワー、メイク、着替え、薬をの飲んだ。

だいぶ朝の支度が楽になってきた。

体が慣れてきた感じがする。

バスに乗って駅から徒歩で間に合った。

ルーティーンがだんだん出来上がって来つつあるような気がする。

朝の人の流れや風がなんだか心地よく感じた。

公文の問題のやり方、成績表の記入のやり方を覚えた。

そして100点だったり、正しくできると誉めてもらえる喜びや、時間内で出来ると達成感が得られる。

公文自体が楽しいと思えるようになった。

まだ朝礼や掃除の流れが掴めず、周りの方々に助けられながらやっている。

双極性鬱の人が午前中で早退した。

仲良くしてくれた人なので、寂しく感じたが気持ちや辛さが分かるのでゆっくりしていただきたいと思った。

午後は、外国の先生が来た。

簡単な英語の発声。名前を伝えたりした。話法も簡単なものをやった。2人組で質問し合ったりもした。英語のあと、本を読む時間があり、猫の本を読んだ。

この何気ない1日が、彼女にとってリハビリになっていると感じる。
朝の人の流れや風が心地よく感じるなんて、とても素敵な事だなと思った。
彼女は誉められたり、認められたり、必要とされると、パワーが出るタイプ。
この日は彼女からパワーを感じました。
また、同じうつ病の人や、ADHDなどさまざま障害の方がいるのも彼女にとっていい刺激となっていると思う。
彼女が通う障害者就労支援アカデミーは、今までの記事を見て分かる通り学校みたいな感じで、結果的に就労先が見つからなくても障害がある方にとってこの学校はマイナスには働かないと思う。プラスばかりだと僕は見ていて感じている。
もし彼女と同じような境遇の方、漠然とした不安を抱えながら日々を過ごしている方、何も動けずに立ち止まっている方、1度市役所に障害者就労支援について相談してみてはいかがでしょうか?学校に通えるかどうかの障害の有無は地域によって違います。まずはご相談を。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク