感情の大爆発!傷が治ってきた手首をひたすらカットし続けた彼女




学校にも慣れてきて心も体も安定してきた時だった。

度々、トラブルがあった弟の彼女がついに私にキレきた。

弟、弟の彼女の両者と私は揉める事となった。

直接弟の彼女と電話をした。

弟の彼女は、もううちには来ないという。弟はそれが悲しいと言う。

弟の彼女に、ハッキリと「私の事が嫌いで、もう耐えられない」と泣きながら言われた。

他にもたくさん言われたが、覚えていない。それで全て終わったと思った。

次の日私は、弟の彼女に対して今まで言ってきた事、言葉使いや態度、そこまで彼女を追い詰めてしまった事、可愛い弟の彼女を傷つけてしまった事、もう家に来れなくなってしまった事。色んな事で私の頭はいっぱいになった。

申し訳ない。自分の幼さ、罪悪感、周りの言う通り接していれば、きっとこんな事にはならなかった。

可愛がりたい気持ちや、好きになりたい気持ちや、好きになろうという気持ちもあった。

自分をひたすら責め続けた。

頭も心もパンクした。

感情のコントロールが効かなくなった。

どうすればいいのか。。

どうしたらいいのか。。

後悔も、悲しさも、あらゆる感情に潰されそうになった。というか潰された。

そして切った。

たくさん切った。

せっかく治って綺麗になった手首を切った。

滴る血。

布団に血が垂れ、服も汚れ、それでも切った。

ずっと、ずっと。。。

ポタリ、ポタリと垂れる血の中に私を潰してる感情が気持ちが一緒に流れてるように思えた。

このまま消えたい。どこまで切ればいいんだと。死ねるのかと思って、同じところを何度も切った。

でも彼が駆けつけて私は生きてる。

でも死にたかった。

耐えられなかった。

もしかしたらこれはリストカットではなく、

自殺未遂だったのかもしれない・・・

しかし、これだけでは終わらなかった・・・続きは明日更新します。

僕が、彼女を見てきた中で1番乱れた日だった。
リストカットの深さ、カット数もこの日が1番凄かった。
ちょっと写真は、グロテスクなので掲載する事ができませんが、今回ばかりは血が止まらないのかと思って焦りました。
一歩間違えれば相当やばい事になっていたかもしれません。
大嫌いな人に、泣きながら大嫌い、耐えられない、ずっと我慢してきたような事を、境界性パーソナリティー障害の彼女が穏やかに受け入れられるはずがない。ましてや可愛い弟の彼女。
この時、彼女の言う通り色々な感情が交錯していたと思う。申し訳なさ、自分の幼さ、罪悪感、憎しみ、後悔など、もうありとあらゆる感情が。さらにやっと学校にも慣れてきて心も体も安定してきた時だったのに、また学校に行けなくなってしまった悔しさもあったと思う。全ての感情を整理できず、カオス状態だったと思う。
トラブルがあった翌日、彼女がダメになるのは目に見えていたので、朝から傍に居てあげればよかったと今でも後悔しています。
基本的に何か大きな出来事があったら、彼女は当日乗り切ったように見えても、大丈夫そうに見えても、翌日その事ばかりを考えて深く堕ちる事が多いので気を付けようと思いました。
それ以来、弟の彼女は姿を現す事はなくなりました。弟と彼女の仲も大丈夫です。

彼女より補足ですが、「キズパワーパッド」っていうバンドエイドみたいな感じに使う商品なんですが、これを貼るとリストカットの傷の痛みが和らぐし、傷口も早く治りやすいようです。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひっぽぽ より:

    でも、お話を伺っていると非常識なのは弟さんとその彼女さんなんですけどね・・・。
    常識の無い人ほど、自分の事を省みず人を攻撃します。
    あなたはその被害者です。それだけは確かだと思います。

    • jiji より:

      ひっぽぽさん

      お久しぶりです。本当は片方(彼女だけ)の意見だけで判断する事はよくありませんが、相手が非常識であった事は間違いありません。
      そう言っていただけると彼女も救われると思います。ありがとうございますm(__)m

 
スポンサーリンク