コンサータからインチュニブに変更




先日、セカンドピニオンを受けたお話の続きです。

約5年間通い続けた病院に通院する事をやめました。 フォロワーさんにもご指摘を受けた事がありますし、私自身何も考えていなかったわけではあ...

先生が私の状況をザックリ把握して、はじめに入れたメスは薬の整理でした。

飲んでる薬があまりに多い、強すぎる、依存する可能性も高いと先生は驚いていました。

そんなわけで、まずはコンサータから減薬していくみたいです。


先生のコンサータの見解

まず私が本当にADHDなのかどうかが分からないとの事。

大人になってからの診断は、正確には分からないようです。

コンサータはADHDではない人が飲んでも、頭がスッキリしてしまう強い薬みたいなんですよね。

ついでに言うと、先生はコンサータを処方できる資格もないので、限りなくコンサータに近くインチュニブに変更を薦めた。


先生のインチュブの見解

コンサータよりも他の薬と共存しやすくバランスが取れるとの事でした。

さらに、寝る前に1錠だけ飲む薬なんですが、睡眠作用もあるので、眠剤も同時に減薬をできる優れものです。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の薬で代表的なのが、コンサータ、ストラテラ、インチュニブ、ビバンセで、私はビバンセを抜いてこれで3つ目となります。

体が受け入れてくれるといいな。


インチュブを飲んだ感想

実は、はじめの2週間は今までの薬+インチュニブです。

ちょっと量が多すぎて心配ですが、睡眠の質もメチャクチャ良くて1日通して調子良いです。

今までの薬+インチュニブなので当たり前と言えば当たり前なんですが。。。

来週病院なんですが、本当の減薬はそれからです。

ドキドキです。


まとめ

まず先生と瑠璃の考えが合致してるのが良かったです。

新しい先生は、減薬を薦めてます。

瑠璃はずっと減薬したいんだけど失敗してきたので、この先生ならもしかしたらと少し希望が見えました。

良い方向に進みますように。

また減薬後にブログ書きます。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひっぽぽ より:

    こんばんは

    僕も一年ほど前(?)からストラテラからインチュニブに切り替えてます。
    ストラテラほどはっきりと「効いている!」という感じは無いですが、切り替えても生活に支障はないので効いているのでしょう・・・多分w

    ストラテラより吐き気が軽いので助かってます(おかげで吐き気止めも切りました)

 
スポンサーリンク