ヘルプカード(ヘルプマーク)とは?




彼女が最近、ヘルプカードを入手しました。僕はヘルプカードというものを知らなかったので調べてみる事にしました。

ヘルプマークとは?

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害または妊娠初期の人等、援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成された、東京都によるピクトグラムである。

著作権は東京都に帰属し、商標登録されている。ヘルプマークの趣旨に合致すれば作成・活用することが認められているが、寸法や比率を含めてガイドラインに従う必要がある。

ヘルプカードとは?

ヘルプマークのデザインを用いて、東京都標準様式のヘルプカードの普及が図られている[18]。ヘルプカードには、緊急連絡先や必要な支援内容などが記載され、障害のある人などが災害時や日常生活の中で困ったとき、周りに理解や支援を求めるためのものである[19]。 東京都に続き福岡県もヘルプカードを導入し啓発・普及に努めている[20]。広島県では、県独自の取り組み「あいサポート運動」の一環としても配布されており、例えば県から交付される障害者手帳カバーの最終ページに、二つ折りのカードを挟み込むスペースがある。

まとめ

説明に精神疾患、パニック障害などの明記はないけど、ヘルプカードを所持しても問題ありません。ヘルプカードは主にバッグにぶら下げたり、目に付く位置に身に着けるようにします。

正直、僕もヘルプマークの存在を知らなかったくらいで、世間の認知度は低いと思います。2011年に見えない障害バッジが全国に広がったようですが、これも僕は知りません。
これに対して、ヘルプマークの利点は、とてもよく目立つことですが、2018年時点でも一部の都道府県のみで全国にはまだ普及されていません。
この記事を読んで初めて知った方もいらっしゃると思いますが、ぜひ障害がある方は活用してほしいし、障害がない方には知ってほしいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はじめまして。イッシキと申します。

    ヘルプカード、ヘルプマーク、私も存在を知りませんでした。
    私のブログの方でも周知させて行こうかと思います。

    老人に席を譲る時じゃないですけど、ちゃんと「助けてほしい」という意思表示がなされると、助ける方も助かりますね。

    • jiji より:

      イッシキさん

      はじめまして。ありがとうございます。
      少しでも広まれば嬉しいですね。よろしくお願いいたします。

  2. こんにちは、jijiさん。

    上述の通り、ヘルプマーク、ヘルプカードについての記事を作成しました。
    もしよかったら、読んで頂ければと思います。

    今日も応援ポチしておきますね。

    • jiji より:

      イッシキさん

      本当に記事にされたんですね。ありがとうございます!(^^)!
      今後ともよろしくお願いいたします。

 
スポンサーリンク