母親から愛されてると感じていた子供時代があった。彼女にとって一番幸せだった時期




彼女の一番幸せだった時代は、皮肉にも実父である1番目の父親でもなく、現在の義父である3人目の父親でもない。

一番幸せだった時代は、2人目の義父なのである。

決して2人目の義父が好きだったわけではないです。

唯一、母親を独占できた時代であったからなのです。

重複する内容の記事を過去に書いた事があるかもしれませんが、それは幼稚園入園前の話でした。

母にある男の人に会わされる。

それが2人目の父親になる。

母はずっと水商売をやっていて、そのお客であった。

銀行員で当時はバブル。

お金持ちだった。

祖父母も気に入り入籍した。

ちょうどそのくらいの時、彼女は幼稚園に入園する。

祖父母とは同居し、母親は専業主婦となった。

彼女にとって、一番幸せな時代でした。

母は毎日家に居てくれた。

お菓子を作ってくれて、髪を結ってくれて、幼稚園の送り迎えをしてくれた。

部屋にはかわいい丸い窓があり、彼女はそれがとてもお気に入りだった。

幸せな家庭生活のまま小学校に入学。

小学1年生の3学期に祖父母と別居になり、引越が決まる。

義父は不動産業をはじめた。

それでもお金には、困らなかった。

別荘もあり、夏休みには旅行にも行った。

誰から見ても幸せな家庭だった。

けど、義父は私を愛していなかった。

母だけをとても愛していた。

彼女の事は、母のお荷物程度にしか思っていなかった。

彼女の大切なおもちゃも部屋にぶん投げられたりした。

母に愛されたくて、彼女に優しくして見せていたのだろう。

3人で食事する時は、ホテルや高級な和食レストラン、回らないお寿司屋さんにもよく行った。

1度だけ義父と2人でご飯を食べに行った事があるが、テーブルが油でベタベタで、メニューもベタベタの丸イスの定食屋だった・・・。

それでも彼女は、母親にいっぱい愛されていたので幸せだった。

しかし、そんな生活も長くは続かなかった・・・

明日続きを書きます。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク