不倫相手と瑠璃の関係性




不倫相手は2人いた。

1人は美容師で瑠璃にとって都合の良い相手と位置付ける人物。

もう1人の不倫相手の事は本気で好きだったようだ。

僕は感じていた。

付き合いはじめからずっと瑠璃の不倫相手への気持ちを。

こだわってるなと。

恨んでるけど好きという気持ちが嫌というほど伝わった。

不倫相手が奥さんと仲良くしてる情報を得た時の落胆した瑠璃の表情を今でも憶えてる。

前記事にも書きましたが、自分自身で執念深いと認識してる彼女は、障害者にされ、3年間騙し続けられた不倫相手の前で心の底から笑う事ができるのだろうか?

思い出を美化してごまかしていないだろうか。

また心が傷ついたりしないか心配です。

このままでは、同じ事を何度も繰り返すことになるんじゃないかと。

1%の確率でも信じたい気持ちは分かりますが、不倫相手が本当に離婚をしてくれたとしても、お互い不倫し合ってる者同士なので付き合えたとしても、また疑い合い続ける事でしょう。信頼関係は現時点で既に破綻してると思います。

ましてや、不倫相手は他にも相手が何人もいるというのだから、望みが叶っても浮気されるのが嫌いな瑠璃の心が一生安定する事はまずない。

不倫は相手には奥さんがいて、子供がいるのを承知で、そういう行為をする。罪悪感も生まれる。

不倫はリスクばかりで何も生まない。

そんな行動力があるなら、そのエネルギーをもっと他に使うべきだと僕は強く思う。

ただ無駄に時間を消費し、心を傷め、惨めになるだけの気がしてなりません。

そんな1%の確率にしがみつく為に、いろいろなチャンスを逃してきたとも思う。

ましてや、相手は障害者にさせた人物で、障害者になった事の重さもあまりよく分かっていない。

そこまでして、しがみついて何の意味があるのだろうか。

すいません。瑠璃とさっきまで、浮気や不倫をされた時の話をしていたのでついつい熱くなってしまいました。

ちなみに瑠璃と僕はバツイチで、結婚期間中にお互いに不倫をされていた過去があるので、裏切られた時の苦しさ、苦しみはお互いに理解してるつもりです。

それほど不倫というものは、残された家族に与えるダメージが大きいものです。

不倫を続ける限り心が安定する事はない気がしてなりません。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク