自分のブログを読んでいてフラッシュバックする時がある




日々、彼は私の過去や、病気、障害をブログで綴ってくれている。

苦しい事、辛い事、彼は私の過去を全て知っている。

誰にも話していない事も全て・・・

とある日のブログを読んだ。

いつもは、自分の事ではなく、第三者として読むようにしている。

しかし、その時はそれができなかった。

そのブログでの出来事の時の自分に戻ってしまった。

フラッシュバックというのだろうか・・・。

その時の気持ち、感覚、感情、全てが蘇ってきてしまった。

今の私はきっと不安定なのだろう。。。

このブログをはじめたきっかけは、彼女自身が第3者目線で自分の日々の内容、過去が書かれたブログを見たいと思ったのがはじまりだった。
その他には、彼女と同じ境遇にいる方の何かの役に立てればという理由や、うつ病・薬などの情報共有・交流の場、彼女の日記・メモ・病状の経過などの目的でも綴っている。
彼女は自分のブログを読んでこんな事を思ったりするようです。「頑張れ」、「応援したくなる」、「辛かったね」など。
ちゃんと第三者として読めている思いきや、ブログを読んで堕ちてしまう時もある。彼女がフラッシュバックした記事で記憶に新しいのがこの記事だった。
僕もこういう話は書いていて辛いです。でも、過去の出来事は有限ですので、僕にまだ話してない辛い過去がなければ、もうフラッシュバックが起きるような記事は今後ないと思います。PTSDというカテゴリーに新記事が追加される事はないでしょう。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク