感情をコントロールする薬




彼女は、最近怒りやすくなって、カーっとなりやすくなった。その怒りを鎮める為か、最終的にリストカットをしてしまう日が増えた。

先生に相談したところ、感情をコントロールしやすくする薬として、デパケンR100mgが処方されました。効果が薄かった為、デパケンR200mgに途中で変更して、やっと彼女は落ち着きました。

本当に薬の効果だったのか定かではありませんが、リストカットは一旦止まりました。

デパケンR200mg

用法:朝食後1錠、夕食後1錠
けいれんや片頭痛を抑えたり、気持ちを穏やかにする薬です。
脳の中枢に作用して神経の興奮を抑制する作用により、けいれん発作や精神神経症状、気分の高ぶり、片頭痛発作などを抑えます。
脳内の抑制性神経伝達物質γ-アミノ酪酸(GABA)濃度を上昇させるほか、ドパミン濃度を上昇、セロトニン代謝を促進し、脳内の抑制系を活性化させ抗てんかん作用を示します。また、GABA神経伝達促進作用が抗躁作用へ寄与していると考えられています。
通常、各種てんかん、てんかんに伴う性格行動障害(不機嫌・易怒性など)、躁病および躁うつ病の躁状態の治療に用いられます。

※デパケンR100mgが処方された日、心理テストを受けました。その結果、後に「境界性パーソナリティ障害」だという事が判明するのであった。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク