ドグマチール断薬理由・断薬後




彼女は、うつ病と診断されてから約2年間ドグマチールを服用していましたが、最近わけあってドグマチールを断薬しました。

ドグマチールとは?

脳内の伝達物質(ドパミン)に作用することにより、抑うつ気分、不安、緊張、興奮をしずめ、精神状態を安定化します。通常、うつ病・うつ状態の治療や精神状態の安定化に用いられます。

副作用

副作用は、筋強剛、嚥下困難、AST上昇、ALT上昇、Al-P上昇、ジスキネジー、浮腫、月経異常、乳汁分泌、女性化乳房、錐体外路症状、血圧変動、発汗、発熱、白血球増加、血清CK上昇、静脈血栓症、血栓塞栓症、息切れ、胸痛、四肢疼痛など。この他にも副作用はたくさんあります。精神関係のお薬は考えられる副作用が多いイメージがあります。

離脱症状

副作用が、数多く報告されているドグマチールですが、離脱症状が少ないお薬でもあります。ですが離脱症状が認められることもありますので、長期で服用している場合は少しずつ減量していく必要があります。

彼女の断薬理由

彼女は最近、乳腺のしこりに気付き、乳癌検査を受けてきました。
検査結果は良性のしこりで、その検査結果を精神科の先生に伝えると、ドグマチールの断薬を進められた。
ドグマチールは、乳腺等での腫瘍発生頻度が対照群に比し高いとの報告があるようだ。
それからドグマチールは、生理不順にもなりやすい薬でもあり、彼女は生理不順で悩んでいたのもあったので断薬する事になった。

断薬後の彼女の様子

彼女は、僕と付き合ってから、ドグマチールで2回目の減薬・断薬となります。
1回目の減薬の時は、減薬翌日あたりからすぐに彼女の変化に気付きました。
テンションが低いし、堕ちやすいし、調子も悪くて、朝から僕に泣きながら電話をしてくることもよくありました。
しばらくこの状態が続き、二人で考えた結果、減薬を断念しました。
1回目の苦しみを知っているので、ドグマチールの断薬をずっと心配していました。
断薬日翌日は大丈夫でした。
けど、2日目、3日目あたりから、彼女に変化が・・・
減薬の時ほど、状態はひどくありませんが、テンションが低いし、堕ちやすいし、調子も悪そうだった。
これは、今現在も進行中で、すごく情緒不安定です。
※1回目の減薬時の薬名を忘れてしまったので後で追記しておきます。

まとめ

ドグマチールの副作用として、乳腺に腫瘍ができる事例はよくあるようです。
「死にたい」と口癖のように言う彼女も乳癌検査結果待ちの時は、ひどく怯えていました。
僕は「大丈夫だよ」とか冷静を装いましたが、内心は乳癌と宣告されたら、何て言葉をかけようか悩みました。一緒に頑張ろうなんて気安く言えないけど、一緒に頑張るしかないとか、ひたすら傍にいようとか、最悪のパターンばかりを想像していた。
癌宣告なんてされたら、彼女のメンタルは崩壊する・・・きっと部屋にこもり、何も食べずにずっと泣いている・・・とか永遠この思考。
検査結果を待っている間は、なんとも言えない気持ちでした・・・
だから良性と聞いた時は、ハチャメチャ嬉しかったのを今でもよく覚えています。
今は、ドグマチール断薬前の状態に戻す為に、いろいろ薬を変えたり増やしたりして調整中のところです。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク