仕事中に10年ぶりのパニック発作【鬱病の原因2】




その不眠が引き金となったのか、ついに仕事中に決定的な出来事が起こる。

それは、都内にある仕入会場で入札中の時だった。

突如、動悸、冷や汗、眩暈、貧血に似た症状が彼女を襲った。

あの時の、感覚が脳裏に蘇る・・・。

彼女は「やばい」と思った。

10年ぶりにパニック発作が起きてしまったのだ。

腕を揉んだり、飴をなめて必死に気を紛らわした。

その日の帰り、電車に乗るのがすごく恐くなっていた。

電車に乗らないと会社にも迷惑もかかる状態だったので、一か八か死ぬ思いで電車に乗った。

これまでも、まったく兆候がなかったわけではなかったが、この日を境にパニック発作が頻発するようになってしまう。

「電車」、「飛行機」、「バス」、「タクシー」、「映画館」、「プラネタリウム」、「カラオケ」、「レストラン」、「遊園地の乗り物」、「行列」などがまた苦手になってしまった。

パニックに怯える生活が半年くらい続いて、騙し騙しやってきたが、仕事に対する思い、洋服への興味が薄れていってる事に気付いた。

「なんでできないんだ」

「今までできていた事ができなくなった」

「好きだったものが好きでなくった」

自分を攻める毎日。

自己嫌悪な毎日。

自己否定の毎日。

毎晩泣いた。

彼女は、何度も何度も退職を申し出ていた。

しかし、それが受理される事はなかった・・・

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク