朝まで眠れない!不眠がサインだった?【鬱病の原因1】




うつ病と診断された日は、今から約3年程前。

彼女は、アパレル店の店長として何年も店長としてバリバリ働いていた。

責任感が強く、仕事に対しては「糞」がつくほど真面目だった。

そんな順風満帆に過ごしていた彼女に、鬱病の影が徐々に忍び寄っていた。

第1の異変が「不眠」である。

当時、眠れないのは疲れが足りないのかと思い、仕事終わりに飲み歩いたり、一人で晩酌したりもした。

飲めない酒を飲んでも、不眠が改善される事はなかった。

「寝ないと、寝ないと」と思えば、思うほど眠れず、時計の針が出社時間に近づくにつれ、焦りと不安で胸が締め付けられる日々だった。

睡眠不足で向かう仕事は地獄である。

朝まで眠れず、そのまま仕事へ向かう日もあった。

まともに眠れた日はなく、この状態は毎日続いた。

薬嫌いもあり、眠剤の服用はこの時していなかった。

「なぜ不眠になったのか?」

不眠になる前に、長年働いていた場所から会社で大きな移動があった。

今思えば、彼女の特徴でもある環境変化への弱さが、不眠に影響したのかもしれない。

この「不眠」のサインが、鬱病へのカウントダウンの始まりだった。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク