うつ病




鬱っぽい性格な彼女が、本当に鬱病と診断されたのは、今から約3年程前となります。

鬱病とは?

うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、気分の落ち込みや喜び、興味の減退などの症状が長い間持続し、日常生活にも支障をきたすようになった状態を指します。さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。
私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいますが、うつ病では時間を経ても気分が晴れることがなく、強い抑うつ感が続くことになります。
それにより、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障をきたすようになります。
うつ病患者の数は、日本においては100万人を超えると報告されています。

原因

うつ病の発症原因は一つではなく、それぞれの人の持つ性格的な背景や環境要因によるストレス(経済的な要因・社会的な要因・個人的な要因・周囲の要因)などが複雑に関与していると考えられています。

同じようなストレスにさらされてもうつ病になる方とならない方がいますし、たとえ生まれつきストレスに強い方であっても、離婚・倒産・解雇・死別・離別・出産など大きな問題に直面すればうつ病を発症するリスクとなりえます。

彼女が鬱病になった原因

彼女が鬱病になった原因は、大きく分けて2つある。
「仕事」と「不倫」である。
彼女は、高校生の頃「パニック障害」になり、10年かけて完治とまではいかないが、ほぼ克服していた状態であった。
ある日、その「パニック障害」が仕事中に再発し、鬱病も発症した。
仕事でボロボロになってるところに、追い打ちをかけたのが不倫相手。
この時、仕事をすぐにやめれていれば、鬱病になっていなかった・・少なくとも病院通いはなかっただろう。
不倫相手が、彼女の事を誠意持って助けてくれれば、嘘をつかなければ、鬱病になっていなかったかもしれない・・少なくとも病院通いはなかったかもしれない・・・。
「仕事」と「不倫」が、彼女の心をむしばんでいったと言っても過言ではない。

うつ病と診断された日は、今から約3年程前。 彼女は、アパレル店の店長として何年も店長としてバリバリ働いていた。 責任感が強く、仕...
その不眠が引き金となったのか、ついに仕事中に決定的な出来事が起こる。 それは、都内にある仕入会場で入札中の時だった。 突如、動悸...
そんな状況の中、彼女に好きな人ができた。 相手は、既婚者である。 不倫という関係だった。 彼女は、相手が離婚間近という言葉...
うつ病になった原因は、これで最後となります。 彼女は、退職を何度も申し出た。 彼女を手放したくない会社は、必死に退職を阻止した。...

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク