うつ病の前兆は断捨離だった?




彼女が突然、うつ病の前兆があったかもしれないと急に僕に語りだしました。

鬱っぽい性格な彼女が、本当に鬱病と診断されたのは、今から約3年程前となります。 鬱病とは? うつ病は、一言で説明するのはたいへん...

彼女が、うつ病になった原因は、会社、不倫が大きな理由だが、そのストレスを強く感じる前に彼女に大きな変化があったらしい。

もともと彼女は、約30年間片付けられない子だった。

部屋の中は、歩けないほど洋服が散乱していた。

物はだしっぱなしだし、人を呼べるような部屋ではなかった。

当時は、収納タンスもいっぱいあったそうだ。

そんな彼女が、急に潔癖症、綺麗好き、断捨離好きになったのだ。

変化が表れたのは、うつ病と診断される約3年前。

ちょうど、同棲をしていた彼氏と別れた時期だった。

断捨離という言葉が流行っている時期で、彼氏とも別れたし、区切りをつける為にもいいかなと思って、いろんな物を捨てはじめたようです。

そんなに好きじゃなかったし、彼女から振ったし、彼が主な原因というわけではないようです。

この時期から、電車、会食も苦手に感じるようになっていて、パニックも起きていた

ある休みの日に、突然物の多さに嫌悪感を覚えた。

彼女は、病的に捨てまくった。

掃除ばかりして、筋肉痛にもなった。

「あれ捨てなきゃよかったかも」

その不便すら快感で、今あるものでどう代用するかと考えるのが好きだった。

洋服だったら、どうコーディネートするかなといった感じだったようです。

正しい場所に納まる量に減らす。

ストックをなくす。

隙間ができるくらいの量に減らす。

物の場所を決める。

使ったらちゃんと戻す。

基本何も出しっぱなしにしない。

ペンは1本あれば十分。

下着からはじめて、靴下、トップス、ボトムス、文房具、化粧品、細々した雑貨、もらいもののお土産、名刺、思い出の品を一挙に断捨離。

アクセサリーも売ったりした。

洋服の向きも全部揃えて、色分け、コーナー分け。

ハンガーも全て統一。

毎日、何か捨てるものがないか探していた。

炊飯器もしまった。

冷蔵庫はほぼ空っぽ。

お皿は5枚。

自分が手放したくないもの以外は全て処分。

最終的には、人間関係まで、断捨離していた。

ふと気づいたのが、物を捨てる事に快感を覚えていた。

部屋も片付いて、空間ができる喜びを知った。

これは、職場でも同じ感覚だったようで、職場も綺麗になった。

僕は、この話を聞いて、驚いた。

人間、急にそんなに変わるものなのかと。

たしかに彼女と付き合って、僕は彼女のルールに違反すると、よく注意されてるな。

とにかく生活感がある感じが嫌なみたいで、彼女の部屋にはタンスがなく、必要最低限の物しかありません。

これが、うつ病の前兆なのかどうか分かりませんが、約30年間の生活スタイルがここまで急変したのである。

彼女の中で何かが起きたのは間違ない・・・。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク