ADHDの彼女が驚いた薬はコンサータ錠




今回は、彼女が一番驚いた薬でコンサータ錠18mgを紹介いたします。

コンサータ錠18mg

脳内の神経細胞の間で情報を伝える神経伝達物質(ドパミン、ノルアドレナリン)を増加させ、神経機能を活性化し、注意力を高めたり、衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善します。
通常、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療に用いられます。

コンサータ錠18mgは、取り扱っている薬局が少ない薬でADHDの薬です。
今、現在は飲んでいませんが、働いている時に服用していた薬です。
彼女は、これを飲むと頭の回転が早くなり、驚くほど仕事が捗ったようです。
ただ、その反動として疲労感、倦怠感がひどく頭痛がものすごくやばかったらしいです。
仕事が19時までだった彼女は、16時あたりに薬が切れてしまって悩んでいました。
医師に相談したところ、薬が切れないようにコンサータ錠27mgにしてみたところ、薬の持続時間は伸びたのですが、その反動がコンサータ錠18mgの倍以上あったようで、すぐにコンサータ錠18mgに戻しました。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク