幼少期の性的被害!近親姦虐待!【PTSD】




彼女が幼稚園生だった頃、夏休みに、叔父の実家にいとこと一緒に帰省した時のお話です。

いとこは一つ下の男の子です。

何泊目だったのかは覚えていませんが、ある晩に叔父と、いとこと、彼女で、川の字で三人で寝ていたら、叔父にお股を触られたのです。

その時は、子供だからその行為がまったく理解できていなく、彼女は無邪気に母にその事を報告。

母は、叔父に激怒し、そこではじめて彼女はいけない事をされたと認識したようです。

この話を聞かされた時、僕はこの他にも心が痛む話をたくさん聞いてるので、少し感覚が麻痺してしまっていたのか、「触られただけでよかった」と一瞬思ってしまいました。

実際、触られただけでも立派な性暴力で、許されない行為である。

自分の子供が同じ事をされたらと考えて見て下さい・・・。

性暴力が残すのは「深刻な心の傷」である。

性犯罪は、本当に醜い。

最近、1907年(明治40年)以来、性犯罪が110年ぶり厳罰化し刑法改正されましたが、まだまだ甘いと思う。(明治40年以来というのに驚き。。)

僕は、さらなる厳罰化を望みます・・・。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク