コンサータ錠とビバンセカプセルの処方は患者登録制になりました




先日、るりは病院に行き、患者登録というものをしてきたようです。

そこで簡単ですが、患者カードについてご説明いたします。


患者カードとは?

コンサータ錠又は、ビバンセカプセルいよる治療を受けていることを証明するカードです。

どういう時に必要?

医療機関を受診する際、及び薬局へコンサータ錠又はビバンセカプセルの処方箋を出す際に必要です。
これから処方箋を薬局に出す際は、「処方箋」、「患者カード」、「身分証明書」が必要となります。

なぜ登録制になったのか?

2019年12月より、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)を効能・効果とする中枢神経激剤であるコンサータ錠・ビバンセカプセルの処方・調剤にあたっては、適正な流通管理及び適正使用の推進のために、患者さんに関する情報をADHD適正流通管理システムに登録する事が必要となりました。
要約すると、不適正な使用による依存や乱用のリスク及び、重複投与や不適正な流通を防止するためのようです。

まとめ

率直な感想としては、患者登録制になるほど、るりが飲んでる薬は強い薬なんだと改めて実感しました。

コンサータは、「中枢神経激剤」という言葉が使われていますが、「激剤」という言葉がその強さを物語っています。

こういう強い薬を飲んでいる事を実感する度に怒りが込み上げてきてしまいます。

どれだけ人生を狂わされ、どれだけ苦しんでるのか分かってないだろうな。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク