ADHD




彼女がADHDと初めて診断されたのは、うつ病で病院に行く事になったのがきっかけだった。

ADHDとは?

注意欠陥多動性障害(ADHD:Attention deficit hyperactivity disorder)とは、不注意(集中力のなさ)、多動性(落ち着きのなさ)、衝動性(順番待ちができないなど)の3つの特性を中心とした発達障害のことを指します。また、注意欠如多動性障害と訳される場合もあります。 ADHDは7歳までに発症し、幼稚園や学校生活のさまざまな場面で、3つの特性から来る行動が確認されます。ADHDに関連した症状は短期間で消失するものではないため、学業や友人関係の構築に困難を覚えるこ%E

うつ病で初めて診察を受けに行った日に、ADHDの検査も受ける事となった。

結果は、ADHDと診断された。

うつ病と同時にADHDとも診断されてしまったのである。

しかし、子供の頃から同時に色々な事ができなくて、ミスが多かった彼女はどこか納得していたようだ。

ADHDの特徴でもある、言葉が冷たかったり、眼が冷たいとも小さい頃からよく言われてきた。

彼女が母親にADHDであると報告すると、思い当たる節があるのか納得していたようです。

この話を聞いた時、たしかに思い当たる節があると僕も思った。

うつ病になってから、そのADHDの特徴である症状が露呈してきたようで、記憶力の低下だったり、今まで同時にできていた事もできなくなったり、電話が重なるだけでパニックになったり、空気も読めなくなった。

それを補っていたのが、以前紹介したコンサータ錠です。

今回は、彼女が一番驚いた薬でコンサータ錠18mgを紹介いたします。 コンサータ錠18mg 脳内の神経細胞の間で情報を伝える神経伝...

それから先生に、アスペルガーも少しあると言われたようです・・・。

僕は、彼女に対してよく、個性的、天然、ぶりっ子と感じてしまう瞬間があるのですが、これはADHDであったりアスペルガーが関係しているのかもしれません。

ブログに書いてほしい内容でリクエストあればこちらへ。

 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ  

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
スポンサーリンク